結婚式の費用を親に負担させたくないあなたに伝えたい3つのこと

結婚式の費用
この記事は約 3 分で読めます ( 約 1344 文字 )

結婚式の費用を親に負担させたくないあなたに伝えたい3つのこと

 

結婚式を考えているお二人は、貯金や新生活のことを考えると結婚式の費用への不安もあるのではないでしょうか?

 

でも、親に頼ったりはしたくないと考えているあなたたちは、どうしたらいいのか悩んでいませんか?

 

私たちも同じでした。親に負担はかけたくなかったので2人で結婚式の費用を準備して、自分たちでできる範囲で式をすることにしました。

 

今回はそんな経験を紹介していきます。参考になれば嬉しいです。

 

 

無理をしない

 

無理がない費用の予算を立てる

 

無理がない費用の予算を立てるのが一番肝心です。

 

2人で結婚式をするのに費用はどれくらい準備できますか?

 

私たちは、結婚式や新生活のために2人で貯金をしていました。でもそれほど余裕のある生活ではありませんでしたし、世間でいう結婚式に100万単位のお金を準備するのは難しかったです。

 

結婚式の規模

結婚式の規模をまずは考え、親族だけを呼ぶことで結婚式の費用を抑えることにしました。

 

ドレスやアクセサリー

つぎに、ウエディングドレスや簡単なアクセサリーがセットになっている式場を選びました。費用を抑えた式場であれば、最低限の中身ではありましたが背伸びをした式ではなく、自分たちができる式場を選びました。

 

披露宴

披露宴は行わず、食事会という形式を行い、キャンドルサービスやイベントごとをできる限り削ることで費用を抑えました。

 

予算をたてるときに、無理をした金額をたてないことが大切です。無理をして結局はあとで苦しい想いをするなら無理のない金額で人数を減らしたり、規模を小さくすることで十分に楽しめますよ。

 

ご祝儀をあてにしない

 

 

ご祝儀をあてにした結婚式をすると、思っていた金額と違うことでトラブルになることもあります。

 

結婚式というのはお祝いの席です。マイナスになるくらいの考えでないと、思ったよりお金が入ってこないときに不満につながったり、今後の親戚付き合いに影響するかもしれません。

 

ご祝儀で式を賄えるとは思わないほうがいいですよ。

 

自分たちでできることは自分たちで行う

 

できることは自分たちで行う

 

招待状の作成、配席の札作り、お土産のお菓子準備、ブーケ、テーブルのお花ななど自分たちで準備できることは自分たちで準備したほうが安く式の準備ができます。

 

招待状

例えば、式の招待状ですがロフトでも購入できます。インターネットからダウンロードして、自分たちで内容を入力印刷するだけでも半分くらいの金額で準備できるものです。

 

自分たちで印刷した招待状は必ず式場のスタッフに確認してもらってください。実はわたし、「AM11時~」というのを「PM11時~」と打ち間違い、親戚に笑われました。いい思い出にはなりましたが、恥ずかしいミスでした。

 

席に置く名前札

配席に置く名前札もロフトで購入できます。招待状と同じデザインを選択して購入しましょう。自分で購入すると半額くらいになりますよ。

 

お土産

お土産で持って帰ってもらうお菓子も自分たちで準備しました。数によっては、宅配してくれる店もあります。宅配でお願いした結果、1割くらいは安くなりました。

 

ブーケ

ブーケはウエディングドレスと一緒にフェイクであれば貸し出ししてくれる場合もありますが、お花屋に直接お願いすると1割くらい安くなります。

 

お花

テーブルに飾るお花も同じ花屋でお願いしました。これも1割くらい安くなりました。

 

自分たちで式の準備をするのは大変なこと。仕事をしながら式の準備をするとなると、本当に時間がないので疲れることもあります。私たちも時間がないことと、疲れてしまったことで喧嘩になることもありました。

 

結婚式の準備も購入の品についても楽しむことができれば、2人で準備をしたことは素敵な思い出になります。式場だけで済ませるのではなく、少しでも安く自分たちで無理なく結婚式をしたという達成感もありましたよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?自分たちだけで結婚式をするのは費用への不安や準備の不安などたくさんありますよね。

 

でも2人で助け合うことができれば、自分たちの手作りの結婚式は親への負担もかけずに挙げることができます。今の時代、親も自分たちの生活が大変だったりしますから。

 

このように自分たちだけでも結婚式を挙げることもできます。お二人の助け合いによる素敵な結婚式はいかがでしょうか?

関連記事
記事はありませんでした
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL